クラブ概要-東京中央ロータリークラブについて

クラブ概要
  • クラブ概要
  • クラブ沿革
  • 委員会一覧
  • 同好会一覧
  • ロータリー用語辞典

会員専用

ログイン
  • 卓話ライブラリー
  • メーキャップ
  • ガバナー月信

ご挨拶

クラブ運営の方針と計画
会 長  三田  清
「我らロータリアン、一歩前に出よう」
方  針

2018-19年度バリー・ラシンRI会長のテーマは、「インスピレーションになろう(BE THE INSPIRATION)」です。「変化を生み出すためにもっと何かしよう、力を発揮しようという意欲を相手の心に起こさせる存在になることだ」と説明されています。
服部陽子ガバナーの方針は、これを受けて、「クラブへのインスピレーションになりましょう!」であり、より良き変化を持続的に引き起こすために、自らの行動と自分の言葉で語ることの大切さを説かれています。
我々の今年度のテーマは「我らロータリアン、一歩前に出よう」とします。
会員一人一人の皆さんと、ロータリアンの意義とは何かを考え、そして少しでも行動に移すことに、努力を傾けたいと思います、そのことにより、本当の意味での「和気あいあい、多士済々」のキャッチフレーズが、より現実味を持ったものになると思っています。

計  画
  • (1) 会員増強と維持
    会員こそがクラブの基盤であり、会員増強は全クラブの永遠の課題です。
    今年度も、5名以上の純増を目標に増強に取り組むとともに、新会員定着のためのFIVE FOR ONE を継続して実施します。

  • (2)奉仕活動
    「青少年の未来を拓く」を基本テーマに実施してきたクリスマスチャリティーコンサート、体験型学習事業の提供、車いすジュニアテニス大会、子供食堂支援については、継続実施します。
    2750地区合同プロジェクトの「パラオ・ミクロネシア支援事業」「カンボジア教師育成支援プロジェクト」についても、継続実施します。 実施に当たっては、地区補助金の活用や、経費の効率的な使用に十分配意します。

  • (3)卓話は、ロータリークラブの大きな魅力の一つです。例会の30分がより意義の深いものとなるよう、魅力ある講師の選定に努めます。

  • (4) その他、クラブ公共イメージ、親睦活動、チャリティー事業、ローターアクト、ロータリー財団、米山記念奨学会など、さまざまな活動がありますが、クラブ内の風通しを良くし、各委員長はじめ、会員のみなさんと闊達な議論をしながら、必要な見直しを含め、より良き成果を目指して、進めていきます。


ご挨拶

名称

東京中央ロータリークラブ

所属

国際ロータリー 第2750地区

2018-2019
国際ロータリー会長  バリー・ラシン

2018-2019
国際ロータリー第2750地区ガバナー  服部陽子

  • ※当クラブは第2750地区(東京都の南半分・北マリアナ諸島・グアム・ミクロネシア・パラオ)の銀座・日本橋グループに所属する

※毎年1回、国際大会、地区大会が開催される。

設立 ・創     立:1987年(昭和62年)3月27日
・RI正式加盟承認:1987年(昭和62年)4月6日
※会員37名により創立
※スポンサークラブ 東京築地ロータリークラブ
会員数 名誉会員 5名/正会員数 214名/平均年齢 61.7歳  (2018年6月25日現在)
会長 三田 清
クラブ事務局 〒104-0061 東京都中央区銀座8-11-12正金ビル2F
TEL:03-3573-2653 FAX:03-3289-1100
例  会
例会日 毎週木曜日 12:30~13:30
例会場 帝国ホテル URL MAP
〒100-8558 東京都千代田区内幸町1-1-1
TEL:03-3504-1111(代)
主な活動
(創立以来)
  • ・「医療のための手話教室ビデオ(7巻)」、「難聴者のコミュニケーション用ビデオ(1巻)」
    「医療における手話通訳ビデオ(3巻)」の製作・配布(聴覚障害者への奉仕)
    (5・10・15・20周年記念事業)
  • ・留学生の受け入れ(ロータリー財団、米山奨学会、青少年交換)
  • ・奉仕活動のための寄付(ロータリー財団、米山奨学会その他)
  • ・チャリティオークション、同ゴルフ大会、同コンサートの開催
  • ・義援金拠出(大規模災害、台風被害など)
  • ・海外ロータリークラブとの共同奉仕活動
  • ・環境保全基金(500円玉運動)、世界寺小屋運動(書き損じはがき回収)等への参加
  • ・ロータリーへの知名度向上及び公共的イメージ高揚のための新聞広告掲載
  • ・子クラブ拡大(東京中央新ロータリークラブの創立)
  • ・盲導犬とともに(VHS,DVD)制作、寄贈
  • ・中央大学ローターアクトクラブの創立 ・ミャンマーに小学校を寄贈
  • ・デンタルミッションボランティア ・都の街路樹植栽事業に参加
  • ・海の森公園に参加
  • ・25周年記念事業への取り組み(視覚障害者への奉仕)
主な事業
  • ・インフォーマルミーティング
  • ・クリスマス夜間例会
  • ・夜間例会
  • ・チャリティイベント

東京中央ロータリークラブ バナー&エンブレム

バナー エンブレム

今年度活動計画

方  針

「我らロータリアン、一歩前に出よう」という三田会長のテーマをクラブ運営に反映させ、質・量ともに行動するクラブを目指します。

計  画
  • (1) 会員の増強のためには新会員の入会、定着が必須です。新会員がロータリーのことを知り、興味を持ち、充実したロータリーライフを送れるよう、各種活動への積極的参加を関係する委員会と連携して進めていきます。特にFive for oneの活動は継続し、会員維持につとめます。
  • (2) 基本テーマ「青少年の未来を拓く」のもと、継続してきた様々な奉仕プロジェクトを効率的に、更に充実させて実施するとともに、2750地区合同プロジェクトへの多数の参加を呼びかけ、奉仕につとめます。
  • (3) ロータリー知識を深め、クラブ内において、それぞれの会員が自分の特性や強みを活かした奉仕活動ができるように様々な機会提供につとめます。
  • (4) 例会への出席はロータリアンの基本です。会員全員が楽しめて、出席したくなるようなプログラムの提供をはじめ、自然と出席率が向上するような例会運営につとめます。

理事および役員紹介

会長 三田 清
会長エレクト 村上 隆男
副会長 相良 浩二郎 (奉仕プロジェクト担当)
副会長 宇野 元義 (会員増強・公共イメージ担当)
副会長 梅原 康広 (クラブ管理運営担当)
理事
  • 立花 実 (会員増強委員会委員長)
  • 片岡 正行 (会員選考委員会委員長)
  • 坂野 茂 (職業分類委員会委員長)
  • 西澤 義勝 (出席委員会委員長)
  • 金田 治 (クラブ公共イメージ委員会委員長)
  • 山田 泉  (クラブ会報委員会委員長)
  • 北崎 隆 (ロータリー情報委員会委員長)
  • 木村 清信 (クラブ管理運営委員長)
  • 渡邊 裕之 (クラブ奉仕委員会委員長)
  • 徳澤 慮侑 (親睦活動委員会委員長)
  • 黒田 元男 (プログラム委員会委員長)
  • 阿部 弘泰 (チャリティ事業委員会委員長)
  • 田子 弘幸 (奉仕プロジェクト委員会委員長)
  • 小島 逸成 (職業奉仕委員会委員長)
  • 光造 純 (社会奉仕委員会委員長)
  • 新田 哲也 (国際奉仕委員会委員長)
  • 佐保田 雅利 (青少年奉仕委員会委員長)
  • 石井 利明 (ロータリー財団委員会委員長)
  • 水野 弘喜 (米山記念奨学委員会委員長)
幹事
  • 川口 正廣
S.A.A. 加藤 照美
会計 松林 智紀
直前会長 小川 健三
副幹事
  • 新 悟 (議事録担当・村上年度幹事)
  • 太田 純 (会員増強・会計担当)
  • 織田 真一郎 (クラブ管理運営担当)
  • 久保江 勝二 (奉仕プロジェクト担当)
  • 深澤 充 (会員増強・公共イメージ担当)

クラブ系譜